【エウレカセブン2】AT閉店台が朝残っている激アマ店の特徴とは?

どうもペカマスです。

 

今日は最近あったパチスロであった本当にラッキーな話をしましょう。

 

皆さんはパチンコ屋さんで当たり中の台を拾った頃があるでしょうか?

右打ちを拾った!!なんかはちょくちょくあるかなぁという印象ですが、スロットだとなかなか聞かない話ですよね?

スロットに関してはここ何年かは当たり中の台で辞める場合にお店側が電源を落としたり稼働停止にすることはよくあることかなぁと思うのですが、どうでしょうか?

 

今回は朝一、前日AT閉店していた台にメダルを入れると・・・・

まぁ非常に面白い事例だったので、その台にたどり着いた経緯やホールの特徴を中心に書いてみることにします。

では実践の方に行ってみましょう!

 

 

↓ランキング参加中です↓

↑タップorクリックお願いします↑

 

以下実践

GW明けの1日目のことでした。

放浪打ちしている中でピックアップした初見のホールに開店1時間程度した後に入店しました。
ホールに入ってから感じたことは・・

この店はボッタだな。

ということです。連休中にもかかわらず稼働が少し足りないなと感じ、且つぱっと見でも高設定履歴の台が見て取れません。
店員さんもなんかやる気なさそうですね。チェーン店のお店は身だしなみやマナーがしっかりしていることが多いですが、過疎ホールは、マニュアルが緩いのか髪の毛ボサボサの人がいたりするのでそういった観点でもホールの状況が多少わかることはあります。

しかし、この地道なホール巡りの作業というのも大事かなと感じます。

大都会と違って、地方は特にホール状況が直接足を運ばないとわからないことが多々あります。
意外と足を運んでみるとチャンスが転がっているかもしれないというのが、個人の経験上から分かっています。

 

さておき

 

今回のホール、設定的な状況は良くないのはすぐわかったのですが、リセット状況を確認すると据え置き確定台が多数発見できました。まぁ要するにベタピンだということがよくわかります。宵越し天井を狙うには有効な店舗でしょう。

 

ホールのデータを見ていく中ですごく気になることがあったんですよね。

それが・・・

 

やたらとクレジットにメダルが残ってんなぁ・・・

 

というところです。

ちなみにデータカウンターを見て1回転も回ってない台で何台もあったんです。このホールに朝行ったら200円くらい拾える気がしますw

まぁ店員が仕事をしていない、というか根本的にお店が力を入れる気がないというのはかなり感じて取れました。

そんな中でAT閉店中の台を見つけてふと頭をよぎったことがあります。

 

これ残ってんじゃね?

 

ということです。前日のクレジット残ってるってことは1台1台しっかりチェックしてないからなんですよ。
ホール状況が前日閉店から電源を落とした状態のまま変わらず朝の営業を迎えているかもしれないということです。
対策が甘ければ朝一潜伏確変が残っていたりすることってまぁあることなのでそれと一緒ですね。

大都系の台はクレオフでランプが消えたりするのでデータカウンターで当たり中が察知できない台では残ることがたまに会った印象です。番長2はそれで朝から狙って打てたことがありました。
ストック系の台であれば、凱旋などは仕込みが通用することは有名だと思います。

 

ということで、昔クソ田舎で通用した立ち回りでAT残り狙いに期待して朝メダルを入れるという作業をやってみたところ・・・・

 

 

レントン「コーラリアンモード!!!」

 

 

AT閉店の台がそのまま朝一で残っていた、ということになります。うますぎワロタ!

 

そして一応拾った状態がこれ

AT残り94ゲーム、後乗せスピアヘッドストック1個、歌付きなのでストックワンチャンあり、

といった状況です。まぁ駆け抜けても400枚くらいは出ることでしょう。

 

ちなみにですが、ツイートの動画をよく見ればわかるんですが、しれっとガックンしてるんですよね。

つまりAT残し=据え置き確定なんですが、台を空けてリールに触れたかなんかしたらガックンするってこともあるっていうのをはっきりと証明していることと思います。

 

この後めちゃ出たんですが、その展開は別記事にて書こうと思います。


というわけでいかがだったでしょうか?

 

AT閉店台が朝拾えたホールの特徴や状況を簡単にまとめると

 

・ベタピン店である

・クレジット抜き忘れなど、対策が緩い

・連休営業絡み

・その状況に気がつかない客層の甘さ

といったところでしょうか?

 

ちなみに、大都会で打っていたことはAT中の台を拾ったことは一度もありません。そもそもAT閉店台残りを期待してメダルを入れたことすらないですね。

今思うとこの件に関しては、完全にラッキーというわけではなく、ホール状況を観察していたからこそたどり着くことができたという側面もあるのです。初見店でも見るべきポイントを押さえていればこれくらいはわかる気がします。

まぁいずれにせよ稀有な例であることは間違いないのですが、こういうこともあるんだってことを頭の片隅に入れておくと思わぬ棚ぼたがあるかもしれません。

 

面白いことに実は今月。AT中の台を2回拾ってますwww
緩い地域はこういうのがあるからいいですね笑

ちなみに、AT中の台を拾ったときの立ち回りの注意点として個人的にはやらないほうがいいと思っていることがあって、
打っていいかどうかを店員に尋ねる
この行為はやめたほうがいいと思っています。まぁこれも拾ったときにちょっと頭をよぎったことなんですけどね。

ハウスルール的とか風営法的には、当たり中の台で営業開始することってNGだと思うんですよね。
でもたまたま打ち出した台が当たり中だったら、それはもう対策してないお店に落ち度があります。

島にいる店員にこう言ったケースで打ち止め等の決定権をもっている人は少ないでしょう。
ただただスロット打ってメダルが出ているだけなので、バイトスタッフなんかは、指導されていない限りは特に見向きもしない展開だと思います。

ただ店員に尋ねることで上役の人等に話が行き、
「当たり中の台は打ち止めにしろ!」
という指示が入ったとしたら、それに従うほかありませんからね。

なのでわざわざ打ち止めのリスクを追ってまで店側に確認は取ることはしませんでした。
もし拾ったときはコソコソっと回して取り切ってさっさと流しましょう。

 

てことで終わります。

 

↓参考になったら押してください↓

↑AT台拾ったら飯おごってください↑